ニュースサイトの有料化

比較的日本は、無料で見る事が出来るニュースサイトが多いですが、海外では、有料サイトも多いです。日本では、新聞のデジタルの有料化が進んでいますが、ニュースサイト自体は、そうでもないです。有名なヤフートピックスでは、あらゆるニュースを読む事が可能です。

ある意味、自社サイトへの誘導にもなっています。新聞社の場合、詳しい記事を読みたければ、会員になるか有料会員になるかという選択を迫られます。一方、最近では、ウエブ専門のニュースも増えています。これらのニュースの内容は、リライトが中心であり、取材費用等も掛かっていません。そのため僅かな広告費等でも採算が取れるようです。ニュースサイトを有料化すれば、広告費等に頼らなくて済みます。しかしながら、無料会員に比べ会員数も減ります。するとPVも落ちますし、企業側からすると宣伝する魅力が減ります。有料化には、そのような難しい問題があります。一般的には、月額を大きくすればするほど、会員数が減っていきます。したがって会員数のコントロールも非常に大事になってきます。導入部分では、一ヶ月無料とか出来ますが、他社への乗り換えによる会員数減も十分に考慮する必要があります。仮に、無料のニュースサイトであっても広告費等で黒字なら、有料化する事は、リスクに繋がります。